お客様の声

H様(明野高原)

7年前に明野高原に別荘を建てられ、週末に愛知県の自宅から別荘に通われる生活をしていらっしゃいます。

ログハウスを選んだ理由は?

ログハウスしか考えていなかった。セカンドハウスである別荘だから、自宅とは違う雰囲気を味わいたい。

ログハウスを建てる際にこだわったところは?

窓を大きく、たくさん作った。景色が綺麗なので、窓そのものが額縁のようになり、ログハウスの木の壁ととってもよく合う。光が差し込んで、パッと明るくなるので、窓はたくさんあった方がいい。丸ログだと割れなどの心配があるので、角ログを選んだ。薪ストーブは奥様が絶対に置きたいとの要望があった。暖かく、夜に薪を焚くと朝までぬくもりが続いているので、薪ストーブを置いて大成功だった。

ログハウスに住んでみて感じたことは?

保温性がいいので、夏の暑い日や、冬の寒い日でも、室内はとても居心地が良い。

今後、別荘(ログハウス)でどんなことがしたい?

仕事である造園の経験を生かして、庭の造園をしたい。自然に囲まれた場所だから、緑に恵まれているので造園のしがいがある。

別荘を構える場所に、明野高原を選んだ理由は?

昔からスキーやキャンプでよく郡上市に来ていた。7年程前の紅葉の頃に奥様と阿弥陀ヶ滝にピクニックに来た際に時間が余り、なんとなく明野高原の中古物件を見に来た。思っていたより値段も安くいいものがあったので、もっと探せばいいものがありそうだと思った。探しているうちに、白山を見渡せるいい土地にたまたま巡り会えたので、そこに家を建てた。

明野高原に住んでみて感じることは?

意外と蚊が少ないし、涼しい気候でとても暮らしやすい。夏の時期はとてもいい避暑地になる。冬は雪が降るので、雪が積もることで庭木の剪定になっている。別荘に来た際には必ず散歩をしている。季節や天気により表情が変わるので、散歩をするだけでとても楽しむことが出来るのは、高原ならではだと思う。

Page top
モバイル表示